PHPの需要はどれくらい?

PHPとは、サーバー上で動作する動的なプログラムのことです。主にホームページなどで利用されるプログラムで、他のプログラミング言語よりも扱いやすく、様々な用途で使うことができます。しかも、初心者でも覚えやすいのが特徴で、WEBプログラムを初めて勉強する人でも、比較的理解しやすいプログラムです。
PHPの需要については、今後も多く使われるプログラムの1つといえます。たとえば、メールフォームや掲示板などもPHPで作成します。他にも、ショッピングカートやアクセスカウンターなどの、複雑なシステムも作成することが可能です。WEBの中でも一番利用されるのが、IDやPASSを使ってログインして、記事などの追加や更新ができるCMSという管理プログラムでしょう。利便性が高いシステムを構築することができます。
また、ブログや検索エンジンなどのプログラムでも、PHPが使われています。多くの人が利用するポータルサイトなどの場合は、大容量のデータをやり取りしますが、その分サーバーに負荷がかかるため、スムーズなデータのやり取りが必要です。その大容量のデータを扱う際に、mysqlなどのデータベースを使います。
PHPでは、mysqlのデータベースとの連携も簡単にでき、PHP単体ではなくmysqlと一緒に使うことが多いです。そのため、今のWEB業界ではほとんどのシステムでPHPを使っており、PHPの需要は今後も高くなるでしょう。