マンツーマンプログラミングのメリットとは

マンツーマンプログラミングとは、プログラミングスクールの形態の1つであり、講師と生徒が1対1の講義形式で行います。1対多形式の講義では、カリキュラムに沿って進んでいくため、周りについていけなくなる場合も少なくありません。しかし、マンツーマン形式であれば、自分の進歩状況に合わせたペースで進めていくことが可能です。
周りの目を気にする必要はなく、躓いた場所は重点的に時間を使ってフォローしてもらうことができます。講師と会話する機会も多く、疑問に思った点を気軽に質問できるので理解もしやすいでしょう。
質問以外にも、どのような働き方が向いているかといった相談ができることもメリットです。プログラミングの講義では、エラー処理などの自力での対応が難しい問題も発生します。1対多形式では、他の生徒の対応に時間が使われてしまう場合がありますが、マンツーマン形式ではトラブルの対応もすぐにできるので、時間を効率的に使えるのです。
マンツーマンプログラミングで学習する際には、WEBサービスを開発したい、プログラマーとして就職したいといった目標を明確にすることが大切です。もし、フリーランスとして働きたいと考えているのであれば、フリーランス転向のサポートを行っているスクールで学習するのがいいでしょう。自分の目標にあったカリキュラムのプログラミングスクールを選ぶことが大切であり、悩む場合は専門のコンサルタントへの相談がおすすめです。